xrdp

  • xrdp のPATHがおかしいとき startwm.sh を/etc/X11/xinit/Xsessionにシンボリックリンクさせる

  • xrdp 日本語・英語切り替えの要 km-e0210411.ini

  • lxdeにする sudo apt-get install lxde xvfb

sudo vi /etc/xrdp/startwm.sh
lxsession

i3を使う

startwm.sh

export LANG="ja_JP.UTF-8"
xrdb -remove && xrdb -merge $HOME/.Xresources
exec i3

セッションの意味

・VNC — VNCサーバーをバックエンドとして使う ・X11RDP — 自前で構築した X11 サーバーをバックエンドとして使う ・xorgxrdp — ドライバ経由でシステムの X11 サーバーを使う

archlinux

インストール

yaourt -S xrdp-git yaourt -S xorgxrdp-git

sudo vi /etc/xrdp/startwm.sh デスクトップセッションを eg. exec mate-session に変更

接続

Xvncじゃないとなぜかエラーになる -> xorgxrdpがないからだった

xrdp_wm_log_msg: connection problem, giving up
X server for display 10 startup timeout
another Xserver might already be active on display 10 - see log

Xorgでログインする際はログイン済みでないとだめな模様 [20171218-11:54:25] [DEBUG] Closed socket 19 (AF_UNIX) が出る

強制的に英語キーボード

最近のxrdp(たぶん0.9くらいから)はクライアントの言語環境でキーボードタイプを自動識別している模様。 日本人なのに英字キーボードを使っている人には不自由なので強制的に英字キーボードにする

xrdp_keyboard.ini のdefault_rdp_layouts, default_layouts_mapのus以外をコメントアウト

CentOS7でxrdp

rpm -Uvh https://dl.fedoraproject.org/pub/epel/7/x86_64/e/epel-release-7-2.noarch.rpm
rpm -Uvh http://li.nux.ro/download/nux/dextop/el7/x86_64/nux-dextop-release-0-1.el7.nux.noarch.rpm
yum -y install xrdp tigervnc-server
systemctl start xrdp.service
systemctl enable xrdp.service
firewall-cmd --permanent --zone=public --add-port=3389/tcp
firewall-cmd --reload
yum --enablerepo=epel -y groups install "MATE Desktop"
# vi /etc/xrdp/startwm.sh
SESSIONS="mate-session gnome-session blackbox fluxbox startxfce4 startkde xterm"
...
export LANG=ja_JP.UTF-8
if [ "$LANG" = "ja_JP.UTF-8" ]; thenexport [email protected]=SCIM
export GTK_IM_MODULE=scim
scim -d &
fi
sudo echo "mate-session" > ~/.Xclients
sudo chmod +x ~/.Xclients

TroubleShooting

thinclient_drivesにアクセスできませんのエラーがでる

sudo umount ~/thinclient_drives

https://github.com/neutrinolabs/xrdp/issues/720